結局、鮎川哲也『死びとの座』を読んでいるという罠。
今日は昼から勉強会です。あの人とあの人は英語、俺はドイツ語。
論文を読むのも急がないといけません。師匠がカナダから帰ってきてしまいます。