読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多変数多項式暗号のワークショップ

総務省の研究プロジェクトに「量子コンピュータの出現に対抗し得る公開鍵暗号の研究」というのが通ったらしく,そういやSCISの一部の原稿にもSCOPEとか書いてあったなぁという話.で,J. Dingが日本に来るので東京と大阪で2回ワークショップを開くというのが流れてきました.

大阪の日程が産総研の第3回公開鍵暗号の安全な構成とその応用ワークショップと被ってるのが問題なんですが,そこはさておき.

毎回pdf見るの面倒なのでここにプログラム置いておきます.日本語の名前も入れときました.多分あってると思います.事前申し込みが必要ですよ,と.
http://www2.chuo-u.ac.jp/kikoh/security/WorkshopDing.pdf

東京 2009/02/19 10:00-18:00 (中央大学後楽園キャンパス)

10:00―11:30 Prof. J.Ding Mutant XL algorithms
11:40―12:20 S. Tsujii(辻井重男) 2-layer Nonlinear Piece In Hand Method for Various MPKC
12:20―13:30 Lunch
13:30―14:10 Mr. Daniel Cabarcas TBA
14:10―14:50 K. Tadaki(只木孝太郎) An Exact Analysis of Rank Attacks
14:50―15:30 M. Gotaishi(五太子政史) Proposal of HXL Algorithm
15:30―15:50 Coffee Break
15:50―16:30 K. Akiyama(秋山浩一郎) On the algebraic surface cryptosystem
16:30―17:10 T. Matsumoto(松本勉) How I Conceived the Cryptology with Systems of Multivariate Polynomials as Public Keys
17:10―17:50 K. Kurosawa(黒澤馨) Truly Efficient 2-Round Perfectly Secure Message Transmission Scheme

大阪 2009/02/23 10:00-17:00 (大阪学院大学)

10:00―10:10 S.Tsujii & M.Kasahara Opening Address
10:10―11:20 M. Kasahara(笠原 正雄) Application of Error Correcting Codes for Constructing Multivariate PKC
11:20―12:00 S.Tsujii(辻井重男) Development of Piece In Hand Method for MPKC
12:00―13:00 Lunch
13:00―14:00 Prof. J. Ding Multivariate Public Key Cryptosystems over Odd Characteirstics
14:00―14:40 A. Hayashi(林彬) TBA
14:40―15:20 K. Kobayashi(小林邦勝) A Knapsack Cryptosystem Resisting Well-known Attacks
15:20―15:50   Coffee Break
15:50―17:00   Discussion with Prof. Ding and Mr. Daniel Cabarcas