首相官邸のサイトにサイバーデモをしようとした月間あれこれの掲示板がどっかに乗っ取られてました。
情報元はL.L.L@online pnで、更にharuya[ .net / .info ]、 2003/03/18に遡りますですよ。
で、haruyaの方がキャプチャした画像もあったり。俺も思わずAlt+PringScrnしましたよ。
<embed>使って勝手に音楽鳴るし。
先行者の画像貼ってあるし。

これから書くリンク先を踏むことは推奨しません。危険かもしれません。今のところブラクラ*1にはなっていませんが、いつなるか分からないので。
月間あれこれ 討論コーナー第四回

*1:ブラウザ・クラッシャー

を拾った。西原理恵子「鳥頭紀行」とか宮部みゆき「蒲生邸事件」等もあった。持っているまたは読んだことがあるのでそのままお引取り頂く。更には林原めぐみの本だとか、コミックマーケット62カタログだとか、Kanonアンソロジーと言ったものもあったがそれはそのままにしておいた。要らない。
古本市に出されて二束三文で買われていくに違いない。売れ残れば死蔵の本となるだろうさ。
改めて三月書房に行こう。黒いコートはどこだっけ。

Virus

そういえばZDNN:ウイルス作者はどんな人?という記事がある。この記事によると「性別=男。コンピュータの虜。ガールフレンドなし。年齢14−34歳。世界中をカオスに陥れる能力あり」 だそうだ。
しかしこれ、あくまで平均である。
ソースがB-GEEKSなんだが、pdfファイルによって感染するウィルスを作ったのは確か20歳かそこらの女性だった筈だ。女性も居るだろうし、既婚者も居るだろうさね。どうでもいいやヽ(´ー`)ノ

三月書房

三月書房なんだがどうして三月なんだろう。何時も気になっているのだが、未だ店主に聞いていない。一年ぶりに行った三月書房は相変わらず濃い本ばかりおいてあった。


購入したのは

本箱はミニコミなんだけれども700円する。和綴じで表紙・裏表紙は布張り。こりゃぁ高いわ。で、中をぱらぱらと見ていたらアスタルテ書房の地図がある。住所も全部載っている。

Keyword

そういえばキーワードの検索って前からだろうな。次に長いの。けれども一度はてなダイアリーの要望と書いたらはてなダイアリーにだけリンクが張られたことがあった。何でだろ。

referredにプライベートな日記(非公開な日記)があると何やらどきどきします。